私は愛するあの人の為に仮と言えども死ぬことを選んだ。
恐怖がなかった訳じゃない。
むしろ、怖かった。
生き返らないかもしれないと思うと薬を持つ手が震えた。
その時、ふと思ったの。
恐怖を感じると言うことはこの愛を信じていない証拠なのではと。
これは、彼を愛する気持ちが本物であるとこの身をもって知るための試練なのだと。
気がつけば震えは治まって、私は一息に薬を煽った。
薄れゆく意識の中で思わず笑みがこぼれた。

ロミオが私にキスをする幸福な未来を想像してしまったから。

ジュリエットの夢 6/7




...
162306


更新停滞
現在、溜まったリクエスト作品を消化中






灯り屋...Menu


はじめに


Main Room

Wish BBS Mail

Link Rank










曖昧な嘘
血塗られた戦場
恋愛パラサイト
庭球恋物語
灰色がかった青色の
庭球哀恋倶楽部
王子依存症状
近距離恋愛
異常王子狂愛
毒林檎はいかが?
王子様のオモチャ箱
●+'。銀魂長夢検索処。'+●
◎銀魂+BLD+廻遊◎



20070924
-


ブックマーク|教える
最終更新日 2012/03/19




©フォレストページ