小説【短編】

□我慢できない!?
1ページ/5ページ


絳攸が紅家にようやく辿り着くと中から話し声が聞こえた。

「しゅーれー、余はもう我慢出来ないのだ。食べたいのだぁー。」

(食べる…?)

「少し待ちなさいよね、全くいきなり来る貴方が悪いのよ。」
(いきなり来た=夜這いかっ?!)

「仕方ないのだ、余はこれでも忙しいのだ。」

(ああああああ…秀麗が主上に食べられる=襲われる?)

紅家の扉の前で絳攸がアタフタしていると、運良くか運悪くか静蘭が帰ってきた。

「…絳攸様、どうなさったのですか?」

見るからに不審人物である絳攸を横目に静蘭は扉を邸に入ろうと、取っ手に手をかける。

(!?)

今の状態を静蘭が見たら、主上は殺されてしまうと焦った絳攸はとっさに静蘭の腕を掴む。

「絳攸様?」

「せ、せせせせ静蘭。」

明らかに動揺している絳攸を静蘭は訝しく思い、瞬時に黒いオーラと笑顔を絳攸にお見舞いする。

「絳攸様、一体この先に何があるのですか?」

静蘭は質問口調であったが、明らかに「言え!」とオーラが言っている。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ